スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説の勇者の伝説 1

「日記」「思浮記」ときたので順番的に今回は「趣味」ですね。
順番どおりやる必要はないんですが、まあ最初なんで一応カテゴリーの紹介も兼ねて順番どおりやろうと思います。
次回からは順番など気にせずランダムにやっていきます。

タイトルからみてわかるように、今回はこの本



伝説の勇者の伝説について書いていきます。

作者は鏡貴也先生 イラストはとよた瑣織さん 出版社は富士見ファンタジア文庫です。
第四回龍皇杯の優勝作品でシリーズ累計380万部を突破した大人気作品です。
最近アニメも放送中です。
放送時間は公式サイトをチェック↓
http://www.denyuden.jp/index2.html

そんな伝説の勇者の伝説、アニメを見て原作を読みたいと思った方もいると思います。
ですが、原作を読むには覚悟が必要です。

なぜなら…
とても巻数が多いのです。
グイン・サーガほどではありませんが生半可な覚悟では読めない量です。

具体的には…
伝説の勇者の伝説(長編第一部) 全11巻
大伝説の勇者の伝説(長編第二部) 既刊8巻
とりあえず伝説の勇者の伝説(短編) 全11巻
真伝勇伝・革命編 墜ちた黒い勇者の伝説(中編&短編)概刊5巻
今発売しているだけでも35巻あります。
そして、まだ続いています。
来月には墜ちた黒い勇者の伝説の第6巻も発売します。

長編第一部である伝説の勇者の伝説だけなら11巻と頑張れば読めなくもない量なんですが、第一部の終わりである11巻の終わり方は続きが気になりすぎる終わり方なので、長編第二部である大伝説の勇者の伝説が読みたくなる。
そして、大伝説の勇者の伝説にはとりあえず伝説の勇者の伝説にしか出てこないキャラが出てきてとりあえず伝説の勇者の伝説が読みたくなる。
伝説の勇者の伝説、大伝説の勇者の伝説、とりあえず伝説の勇者の伝説ときたら墜ちた黒い勇者の伝説も読みたくなる。
そして、最終的には全部読んでしまう。
はまればこんな感じに読めます。(私がそうだった)

ですが、この読み方はあまりオススしません。
なぜなら、この読み方だと時系列がばらばらになってしまうんです。
せっかくこんなにたくさん読むんだから時系列順に読みたいですよね。

下のリンク先に鏡貴也先生によるこう読む100倍と面白い読み方ガイドがあります。
そのとおりに読めば間違いないでしょう。
http://www.kagamitakaya.com/dendenyomikatagaid.html

私は上記のような適当な順番で読んでしまったのでこれを見たときは結構ショックでした。
こんど、読み方ガイド通りにもう一度読もうかと検討中です。
でも、他にも読みたい本たくさんあるんだよな~
それをすべて読み終わってから読むことにします。

今回は読み方について書きました。
次回は魅力について書こうかな。
順番逆じゃねって思ってもスルーしてください。
(適当に書いてたら長くなったので切り上げた)

このブログを読んで少しでも多くの人が伝勇伝を読んでくれたらいいな。

今回はこの辺で
それではまた次回 ノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

原作は本当に面白かったです。
これはハマるハマる!

しかし自分はすごい読み方をしてましたよ。
大伝勇伝→伝勇伝→堕伝勇伝→とり伝勇伝

はんぱねえ\(^o^)/

No title

弟がハマってました!!

とりあえずと本編を同時進行で買ってたような?
プロフィール

漣響夜

Author:漣響夜
ジョジョ第四部突入したぜ!
あんまり金ないから続きが買えない…。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
amazon
ブロとも一覧

グラオ日記場(放置中)

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

お小遣い稼ぎ げん玉 Guide line
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。