スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってみた

ヲタ判定バトンバトン

Q1 ヲタと言われて完全否定できない ○・×でお答えください
A1 できるわけないじゃないか・・・
Q2 レンタルビデオ屋で借りるビデオの50%以上がアニメ系
A2 90%ですがなにか
Q3 アニメを見て、一度でも「声優は誰だ?」と思ったこがある
A3 「これあの人かな~」ならよくある
Q4 携帯の待ちうけ、PCのデスクトップがアニメ系。
A4 壁紙→http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=1163761
Q5 予約特典目的でゲームの予約したことがある。
A5 流石にないな
Q6 学校や職場で「ライトノベル」といわれるものを読んだことがある。
A6 逆にラノベしか読まない いや、たまに違うのも読むか
Q7 テレビ欄を見るときはいつも下から見る。
A7 録画予約してるからテレビ欄なんて見ない
Q8 友達に「iPod貸して!」と言われてかたくなに断ったことがある。
A8 ないとはいわない
Q9 iPodやMDにアニソンが入ってる。
A9 入ってないやついるのか?
Q10 深夜アニメを録画したことがある。
A10 余裕で
Q11 検索サイトで声優の名前を検索したことがある
A11 あったな・・・そんな時代も
Q12 普段はシラケキャラ。
A12 仲良くない人の前ではテンションあがらないな 当たり前だけど
Q13 髪の毛が緑色、赤色、等に違和感がない
A13 三次元にいたらさすが怖い
Q14 リアルで2ch用語を使ったことある。(キター等。)
A14 普通に使うけどなにか
Q15 アニメ系DVD,OVAを買ったことがある。
A15 ないなー 特典目当てで買おうとは思ったけど
Q16 「えろげー」と変換して「エロゲー」と一発で出てくる。
A16 他にどう出てくるんだ?
Q17 「すずみや」と変換して「涼宮」と一発で出る。
A17 涼宮 ・・・でてきた 辞書登録したっけな
Q18 他のヲタを馬鹿にしたことがある
A18 本当の意味でバカにしたことはない
Q19 自分の財布を見て見ると、ゲームの予約券でいっぱい。
A19 ゲームそんなしねえし
Q20 授業中、仕事中にライトノベルを読んだことがある
A20 授業中は寝るのに忙しい
Q21 アニメ系またはゲーム系のポスターを持っている。
A21 持ってる
Q22 また、それを貼っている。
A22 後ろの壁に貼ってあるな
Q23 鼻歌はいつもアニソンだ。
A23 ボカロとかもあるけど
Q24 体育の授業があると憂鬱だ。
A24 体育はわりと好き
Q25 お気に入りのアニメ、またはゲーム系のサイトがある
A25 うん
Q26 土日は引きこもる。
A26 外出することもあるな
Q27 アニメの為にトイレを我慢したことがある。
A27 行くの忘れることなら
Q28 サッカーの面白さがわからない。
A28 サッカーマンガは結構好き イナズマイレブンもたまに見るし
Q29 「オフサイド」って何?って思う。
A29 サッカーのあれだろ
Q30 野球を見たら、延長してほしくないと強く願う
A30 いや、別に・・・
Q31 よく知っているスポーツが一つもない。
A31 よく知ってるの定義曖昧でがわからん
Q32 コミケに行ったことがある。
A32 行きたいね
Q33 エヴァンゲリオンのキャラ、綾波レイの声優がわかる。
A33 最近エヴァ見始めた だがわからん
Q34 人と会話した後に全身が火照ったことが多々ある。
A34 どんな状況!?
Q35 男の主人公で周りが女だらけのシチュエーションに違和感を感じない
A35 それなんてエロゲ?
Q36 最近の金の使い道がアニメやゲームばっかり
A36 ラノベとマンガだな
Q37 好きなジャンルの話になると周りが見えなくなる。
A37 自重はしてるつもり
Q38 夏休み等の長期休暇の大半を家で過ごす
A38 結構遊びに行くぞ
Q39 友達のほどんどがインドア派。
A39 アウトドアもいないわけじゃない
Q40 課題もないのに変な小説を書いたことがある。
A40 完結しなかったな・・・
Q41 家に帰ってから10分以内にパソコンを立ち上げる。
A41 まずは録画しといたのをみる
Q42 残酷な天使の●●●←この穴埋めができる。
A42 ボケればいいの?
Q43 カラオケでアニソンを歌ったことがある。
A43 バリバり
Q44 フィギュアやエロゲーを取り扱ってるお店に行ったことがある。
A44 ないわけない
Q45 秋葉原が大好き。
A45 行ってみたいね AKBは大嫌いだけど
Q46 お疲れ様でした━判定━
A46 偏見混じり過ぎだなこれ
Q47 「一つも当てはまらない」超健常者。 です
A47 そんなやついねえよ
Q48 ○「1~5個」 まぁ、健常者です。
A48 いないとは言い切れないレベルだな
Q49 ○「6~15」ちょっとヲタ入ってます。
A49 俺、何個かな?
Q50 ○「16~30個」 ヲタです。
A50 数えてくる
Q51 ○「31~40個」 キモヲタ入ってます
A51 26個かな?
Q52 ○「41~45個」完全なるヲタです。ヤバすぎです。
A52 お疲れ様です

このバトンに回答する / 回答した人を見る

スポンサーサイト

なんか久しぶりの更新な気がすると思ったら四日ぶりだったorz

学校行ってるはずなのに日付感覚が狂ってる。
最近、記憶の時系列が頭の中でぐちゃぐちゃになってる気がするし…。
昨日のことだと話していたことが一昨日のことだったり…。
ヤバイです。
本格的にヤバイです。

まあ、それは置いといて
今日は動画の紹介でもします。

【そして明日の世界より__】遠い空の向こうに―【神MAD】軍魔


見ればわかると思いますがこの動画は神動画です。
選曲も構成もすべてが神です。
ただで見るのに罪悪感を感じてしまうレベルの動画だと私は思っています。

今回はこの辺で ノシ

最近読んだ本

今日は「将棋を始める人のために」という将棋の入門書を読み始めました。
本当は「馬鹿でもわかる~」とか「猿でもわかる~」、「小学生のための~」とかいうわかりやすそうなやつがよかったんですが、学校の図書室にそういう系のは置いてなかったので適当に目に付いたのを借りてきました。

まあどこの高校に行っても「小学生のための~」みたいな本は置いてないでしょうが。

将棋の入門書を借りてきたからといって私は別に将棋好きというわけではありません。
駒の動かし方を知っている程度です。
そんな私がなぜ将棋の入門書を読み始めたか、それはある事件がきっかけでした。



この前近所の小学生と将棋をやることになったんです。
この時点でオチが見えてますね。
皆様が考えているとおり私はその小学生に負けました。
瞬殺されました。
いきなり飛車が突っ込んできて詰みました。
そのあと修行だーということでiphoneで将棋のアプリをダウンロードしてやろうとしました。
初期設定のまま対局したら手も足も出ませんでした。
その次に難易度を最低にして六枚落ちでやってみました。
しかしそれでも勝てない。
このアプリにはこれ以上難易度の低いものはない。
どうしよう。
ということで将棋の入門書を読み始めました。
読んでいるうちにわかったんですが、私は将棋のことを何も知りませんでした。
だって戦法も詰み方も何も考えないでただひたすらに突っ込んでいただけだったのですから。
そりゃ負けますよ。
将棋って奥が深いんだなー。

そんな今日この頃。

遅すぎる自己紹介。

昨日と今日二日連続アクセス数が二桁いきました。
今までほとんど一桁だったので結構うれしいです。
訪問してくださっている皆様に感謝です。
これからもっと頑張っていきます。
これを機にというのも変ですが遅すぎる自己紹介といきます。

名前は漣響夜といいます。
本名ではありません。
本名であるはずがありません。
こんなかっこいい名前の人がいたら紹介してください。
自分で考えたのにかっこいいとか言っちゃいました。
自画自賛ですね。
でも、かっこいいと思いません?
西尾維新先生にはかなわないとしても結構センスある名前だと思うんですよね~。
名前についてはこの辺にして次にいきます。
職業(?)は高校一年生で、16歳だったかな?
たぶん16歳であってます。
自分の歳に結構自信ない。
私は歳を聞かれたとき「高一です」と脊髄反射で答えるので自分の歳を思い出すことってあんまりないんですよ。
なにかに自分の歳書くときは絶対一緒にいる人に「俺、何歳?」ってマジに聞きます。
そう聞くと私の友達とかは「3歳だよ」とか言ってきて、私もそれに悪乗りして名前書くところに3歳と書いちゃって…アホですね。
学校の大事なやつとかには流石に3歳とは書きませんが。
次は性別。
書く必要ないと思いますが一応。
男です。
次っ!
趣味。
読書っていうことにしておきましょう。
基本ラノベしか読みませんが。
この趣味は中一のときに自己紹介で自分の趣味を言わなければいけなくて苦し紛れに適当に言ったことが始まり。
そのころは本なんてほとんど読んでなくって「好きな作家とか聞かれたらどうしよう」とか悩んだのですが誰にも聞かれることはなく。
これに味を占めた私は中二のときの自己紹介にも「趣味は読書です」と言い。
しかし今回は担任に「好きな作家とかいるのか?」と問われ大ピンチに。
私は苦し紛れにこの前母さんが読んでいた本の作者を言った。
「…村上春樹です。」と。
それで担任は納得したように「そうか…」と言いその場は切り抜けられた。
しかしこれはマズイと思いクラスのいつも本読んでいるやつにオススメの本(ラノベ)を聞きそれを読んだらめっちゃ面白かった。
これが私の趣味が読書の理由。

今回はこの辺にしておきます。
以上、終了

トラックバックテーマ 第1034回「夏の終わりを感じた出来事」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「夏の終わりを感じた出来事」です。昼はまだまだ暑い、夜もなかなか温度が下がらない・・・それでも、暦の上では秋…あなたが最近、「夏の終わりを感じた出来事」はありますか?吉久が感じたことは、いつだったか、八月の後半、まだまだ暑かった時ではあ�..
トラックバックテーマ 第1034回「夏の終わりを感じた出来事」



ひぐらしの鳴き声を聴いているとなんだか夏も終わりに感じてしまいます。
ひぐらしは別に夏の終わりに鳴き始めるというわけではないのですが、なぜかひぐらしの鳴き声を聴いていると切なくなり夏も終わりな感じがします。
後は夏休みの宿題とかやっていると夏も終わったな~と感じます。
プロフィール

漣響夜

Author:漣響夜
ジョジョ第四部突入したぜ!
あんまり金ないから続きが買えない…。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
amazon
ブロとも一覧

グラオ日記場(放置中)

読書感想未満、駄文以上。(ライトノベル感想他)

お小遣い稼ぎ げん玉 Guide line
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。